Srantokyo: April 2010

Apr 29, 2010

BIRTHDAY PRESENT☆

Apr 29, 2010 0
誕生日が近かったので、友人が祝ってくれた。

そして突然、
「プレゼント~♪♪」

って
「え~~~~~~~~~~~~~~~?!!!!!!
 いや、もらえないから!!!!
 無理無理無理無理!!!!!!」

だって普通の友達ですよ。こんなものもらえないじゃないっすか!!

「無理無理!」
「いいんだって。」
「いやこんなものもらえないって!」
「大丈夫!」
「なにが?!」

なんてやり取りがしばらく続き、、、

「とりあえず開けてみろ」

ということになり、、、


いやこれ絶対財布か何かじゃーーーん!!!

もう一度、
「いや、お返しするよ!」
「いいんだって」
「よくないって!」
「とりあえず開けろ!」

と言われ、結局





O~PE~~~~N♪♪


「おぉ!!!」

ルイ・ヴィトンのガイドブックでした~♪
うれしい反面、ちょっとドッキリにあった気分(笑)

しっかりとした素敵なカバーと、開いてみるとかわいいイラスト。
そして本当にちゃんとしたガイドブック。ホテルやレストランなどの情報が文字でびっしり!

おもわず声を上げて
「素敵~~~☆」



調べてみたら、このガイドブックは中身もヴィトン!
去年発売された東京版の編集長は、若きフリージャーナリストのミシェル・テマン氏(フランス"リベラシオン紙"の東京特派員記者)。イギリスの月刊誌"モノクル"の編集長、 タイラー・ブリュレ氏をはじめとする執筆メンバーたちが、それぞれお気に入りのホテル、グルメ、ファッション、デザイン、カルチャー、ナイトライフなど、実体験に基づいたガイドを掲載している。

でもでも、ラグジュアリーなホテルやレストランだけでなく、東京版ではカプセルホテルや秋葉原も詳細に書かれていたりして、読み物としても充分おもしろい一冊。

私がいただいたのはLOS ANGELES版。
一冊一冊カバーの色が違って、いろんな都市のを集める楽しみ方もあり。

カバーや中身もさすがヴィトンというデザインだし、ガイドブックとしてだけではなく、インテリアとして部屋に置いてもいいし、友人のお勧めは、これを字が下に書かれたノートとして、赤ペンでメモ帳代わりにいろいろ書いて持ち歩くなんて使い方もできちゃう。

価格は一冊4,200円。
ガイドブックとしてはちょっと高いけど、しっかり箱とリボンと袋までついてきて、プレゼントにもらったらとってもうれしくなる一品。
プレゼントに重要なことって、「自分ではわざわざ買わないけど、あったらすごくうれしいもの」でしょ?
まさにこれ!おすすめ♪



全国のルイ・ヴィトン ストア、louisvuiton.com紀伊國屋書店(シティ・ガイド東京/日本語版のみ)にて発売。¥4,200

Apr 28, 2010

MJ is forever

Apr 28, 2010 0
Michael Jackson - The Official LIFETIME Collection


2010/05/01~2ヶ月間、東京タワーにてマイケル・ジャクソンの世界で唯一の公式展覧会が開催される。
『公式』っていうのはなかなかないので、貴重なものが出てくるのは間違いない。HPを見てみると…

ジャクソン遺産管理団体所有の280点以上ものアイテムがお披露目されるこの展覧会では、カリフォルニア州サンタ・バーバラの大邸宅「ネバーランド」の24金で刻まれたゲートサインから、マイケルが大事にしていた1967年製 ロールス・ロイス・ファントムやアンティークピアノといった数々の所有品が公開されるとのこと。

それから注目したいのは、なんとあの、THIS IS ITツアー用に撮影された3D版"Thriller"の衣装やステージ衣装、舞台道具の数々も展示されるという。
MJのファッションは常に注目されていたが、近年ではピエール・バルマンがMJからインスピレーションを受けたというコレクションを発表したり、晩年はかなりファッションとのつながりが強かった。



映画「THIS IS IT」のなかのファッションデザイナーのインタビューからも、THIS IS ITのツアーの衣装は今までにないくらいクオリティの高いデザインだったことがわかる。雑誌などで写真を見ると、今までのMJテイストを受け継ぎつつも、今までとはまったく違う斬新なデザインが加えられた今回の衣装は、ファッションの面から見てもかなり貴重なコレクションだろう。





アーティストとファッションはお互いがお互いに刺激を与えつつ、新しいものを作り出し、芸術の世界をどんどん進歩させていっている。MJやレディガガを見ると、そういう他分野とのコラボレーション、というか創造力を触発し合っている瞬間を見ることができ、自分の力の源にもなる。
よし!がんばろう!

Apr 27, 2010

Madonna and Lempicka

Apr 27, 2010 0
Bunkamura museumで開催中のレンピッカ展
Madonnaも大のレンピッカ好きであり、自宅に何枚もレンピッカの絵画が飾られているそう。
1990年に発表された、Madonnaの代表作のひとつ、『Vogue』のPVには、レンピッカの絵も何枚か出てくる。



レンピッカの絵や彫刻などの芸術品や、ダンス・ムーブメントのひとつであったヴォーギングを取り入れるなど、映像の芸術性の高さにも注目。
すばらしい作品は、何年経っても色あせない。

マドンナ - Celebration (Deluxe Version) - Vogue

Apr 26, 2010

Tamara de Lempicka

Apr 26, 2010 0

「美しき挑発」、、、この言葉にかなり挑発されてます。

タマラ・ド・レンピッカは20世紀の画家で、ちょうど女性が社会進出する動きが活発だったころ。自身のライフスタイルもセルフプロデュースして、自立した美しい女性像を作り上げた人です。

美しく着飾った自分の写真を何枚もカメラマンに撮らせています。自分自身も芸術のひとつだったのかも。自由奔放に、ファッショナブルに、自立していて、常に女としての魅力を兼ね備えている。自分自身をライフスタイルも含めて、「美しい女性」としてプロデュースするのは、影で相当な忍耐や努力が必要だったことでしょう。そんな生き方も含めて魅力的な人です。
セルフプロデュースの完璧さは、レディガガに共通するものがあるかも。

続きはまた明日。

Apr 22, 2010

GAGAKOH by MAC

Apr 22, 2010 0
4/20に行われたM・A・C主催のパーティーでのLady GagaとTerence Kohのパフォーマンス。
ものすごいクオリティの全4日間の公演を終えた後にも関わらず、まったく違うステージを見せるガガは、真のアーティスト。
2時間くらい遅れて始まったらしいけど、ゲストの芸能人たちも誰も怒りだしたりせず、待っていて、ガガが登場したときの会場の湧き方はそれはもうすごかったらしい。
今回は真っ白なレースの衣装。白い粉が舞い散るステージは、幻想的な冬の景色も彷彿とさせる。1万人以上がいる会場も、数百人の小さなハコも、それぞれの場所の特性を活かして観客を魅了するステージを毎回披露するレディガガ。



GagaはM・A・Cエイズ基金に賛同し、Cyndi Lauperとともにこのアンバサダーをつとめている。そして、3月からMACでは二人がコラボした限定リップスティックが販売されている。
これらの売上げは、全てこのM・A・Cエイズ基金に寄付される。
限定2 色発売・価格2,900円。
http://www.maccosmetics.co.jp/

Apr 21, 2010

フセイン・チャラヤン Hussein Chalayan

Apr 21, 2010 0
フセイン・チャラヤン- ファッションにはじまり、そしてファッションへ戻る旅
日本ではあまりまだ知られていないフセイン・チャラヤンの展覧会が、東京都現代美術館で開催されている。(2010/04/03~06/20)


1970年、キプロスのニコシアに生まれたフセイン・チャラヤンは、1995年、ロンドン・ファッション・デザイン・アウォードで、100の出展中1位を獲得。賞金を得て、同年のロンドン・ファッション・ウィークに出展し た。
そしてデビュー以来、ファッションとアートの二つの領域を横断し、活動する多彩なアーティストとして活躍している。
セントマーチンズの卒業コレクションは、コレクション用の服を庭の土の中に埋め、それがどのように腐敗していくかを研究したという衝撃的なもので、一躍注目を浴びた。
彼のコレクションはミニマルでシンプル、それゆえディテールにこだわり、立体的な美しさから建築的と評されたりもする。シンプルに見えながらも、繊細なカットと縫製にため息が出るコレクション。

2009S/S INERTIA

2009 A/W EARTHBOUND


Apr 19, 2010

Win a pair of tickets to see Lady Gaga and Terence Koh LIVE in Tokyo!

Apr 19, 2010 0
Dead line is 2010.04.19 23:59!!! Hurry up!!
click here!!