Srantokyo: June 2010

Jun 29, 2010

Lady Gaga covers Rolling Stone

Jun 29, 2010 0


ガガが6/23発売のRolling Stoneのカバーを飾っています。
インタビューをちょっと読んでみると、24時間プロフェッショナルなガガの姿勢を見ることができます。

“When I wake up in the morning, I feel just like any other insecure 24-year-old girl,” she says. “Then I say, ‘Bitch, you’re Lady Gaga, you get up and walk the walk today.’ ”

「朝起きると、自分が他の知らない24歳の女の子のように感じるの。そして私は言うのよ、『ばか、あなたはレディガガよ。起き上がってしっかりしなさいって。」

“Michael got burned, and he lifted that glittered glove so damn high so his fans could see him, because he was in the art of show business. That’s what we do. I don’t even drink water onstage in front of anybody, because I want them to focus on the fantasy of the music.”

「マイケルは情熱的で(?)彼は、ファンが彼のことを見えるように、あの輝くグローブを高々とあげたわ。彼はショービジネスの芸術を作ったの。
それは私たちがやっていることよ。私はステージの間、誰かの前で絶対に水さえ飲まない。私はファンたちに、音楽のファンタジーを感じさせたいの。」


She’s currently finishing up her new record and designing the stage production for her next tour. Gaga plans to announce the title of her new album — due out early next year — at midnight on New Year’s Eve. “I think I’m gonna get the album title tattooed on me and put out the photo,” she says. “I’ve been working on it for months now, and I feel very strongly that it’s finished right now. It came so quickly. Some artists take years; I don’t. I write music every day.”

ガガは現在、彼女のニューアルバムのレコーディングと、次のツアーのステージのデザインを終えたばかりだ。
彼女はNew Year's Eveに新しいアルバムのタイトルを発表する予定だ。
「新しいアルバムのタイトルをタトゥーに入れて、その写真を撮ろうと思ってるの。アルバムを作るのに数ヶ月かかったわ。そして今出来上がったって強く実感しているの。アルバム制作に数年かかるアーティストもいるけど、私は違う。今回のアルバムはとても早くできあがったわ。私は毎日曲を書いているんだからね。」
(※注 日本語訳は大雑把な感じです;)


NEW YEAR'S EVEですよ!!!
発売はその日なのかしら?楽しみですねー♪
しかももう、次のツアーのステージまでできちゃってるの?!
彼女は前も、他のインタビューで、「曲を作るときは、衣装も一緒に考えるの」と言っていたので、今回はもうステージも頭のなかでできちゃったんでしょうね。すばらしい。




インタビューでは、マイケルのことも出て来て、個人的にはとってもうれしい。。。
マイケルのパフォーマンスは、映像で観ても伝わってくるくらいすばらしいから、ステージを生で観たらどんな感動を得られたんだろう。。。
彼のパフォーマンスがこうやって他のアーティストに影響を与え、ガガのステージも更なる進化をしていっているんですね。

4月のガガのコンサートは、本当にエキサイティングで最高の時間でした!
次のコンサートが、こんなにも近いのがうれしすぎる!
Little Monstersも、次のツアーに向けて、ガガコスの構想を考えなくっちゃですね。


そして、このカバー写真、実はこんな靴を履いてたみたい。
いつにも増して、すっごいヒールですなぁ。



Source: Rolling Stone

Jun 25, 2010

MJ special part1

Jun 25, 2010 0
今日6/25はそう、Michael Jacksonの命日。
亡くなってからも激動の一年だった気がします。
一周忌というこの日をどう感じていいのか、マイケルにとっては命日よりもバースデーに彼のことを語るほうがうれしいのかもしれない。
でもやっぱり、なにも言わずに過ごすことができないから、大好きなマイケルを一気に書きたいと思います。

今回は伝説のパフォーマンス集。
何回やるの?って感じだけど、やりたいだけやっちゃう!

マイケルは最高のエンターティナー。曲を聴くだけじゃなくて、「観る」ことの楽しさを教えてくれたアーティストです。
今あるPVや、アーティストたちのものすごい演出のライブも、基盤を作ったのはマイケルだと言えます。
とにかくパフォーマンスに対する気合いの入れ方は半端ない。曲を聴いたことしかなかった人も、マイケルの曲はまず「聴く」のではなく、「観る」こと!!


まずは、かの有名なムーンウォークを初めて披露したこのライブ。
1983年mortown25周年ライブ



Jackson5として出演依頼を受けたけれど、何度も断り、条件としてソロの曲を歌うことで出演を承諾。
そして、マイケルはソロ曲で人々に衝撃を与えるステージになるよう、考えました。

そこで出て来たのが、左手にはめたキラキラの手袋とムーンウォーク

お客さんの盛り上がりから見てもわかるように、すでにBillie Jeanという曲自体は売れていたにも関わらず、それで満足せずに、さらに人が感動するステージを目指した結果生まれたムーンウォークは、次の日には大人から子供まで、みんながまねしていたらしいです。


そして、同じ曲を同じパフォーマンスで見せないのがマイケルのすごいところ。

彼は、インタビューでパフォーマンスをするのが一番好きな曲は何かと聞かれて、
「Billie Jean。毎回全然違うダンスになるし、毎回が発見だ。」
と言っています。

後半でのアドリブダンスが最高の見せ場。

83年のモータウン25周年ライブから20年近く経った2001年の
「マイケルジャクソン30周年記念ソロ・イヤーズ」でのパフォーマンスは、
完成度がさらに高くなってます。




マイケルがジャケットを取り出した瞬間のお客さんの盛り上がりといったらもーー!!

このときマイケル40歳
でも20代のときからはるかにダンスもうまくなってる!マイクスタンドも彼が使えば演出の小道具の一つになる!男の色気もムンムンになっちゃって

まさにネ申ですな!!!
大人も子供もはしゃぎまくりです!


そして、伝説のパフォーマンスとして欠かせないのが、「伝説の15分パフォーマンス」
1995 MTV Music Awards Live




こっれはもーーーあれですよ!!(壊!!)


説明いらないですね。かっこよすぎ!!!

スラッシュの演出もかっこよすぎですね。

これがなにがすごいかって、ダンスを踊れる歌手って今は多いけど、それでもダンスだけでパフォーマンスになる歌手は正直いないと思うんです。

彼は歌手でありながらダンスも超一流、普通はダンスを本業としているバックダンサーのほうがダンスうまいのに、そんなダンサーよりもすごいダンスを披露してるんです。

あと女性としては、Billie Jean終わったあとのマイケルのMCのところがたまらない♡

まだまだいっぱいあるけれど、今日はここまで。
またマイケル特集やります!

Jun 24, 2010

Y-3 High Heel

Jun 24, 2010 0
Y-3の2010A/Wコレクションに登場したハイヒールが、7月から発売されるらしい!

このハイヒール、adidas独自の技術を活かし、ウェッジソールもピンヒールも競技シューズで用いられる機能を採用したらしいです。
ってつまり、
ワールドビジネスサテライトでの放送を見たところ、ピンヒールでもスキップできちゃうくらい安定してる!
ヒールの高さは9cmもあるのに、軽快にステップ踏める♪猛ダッシュもできちゃう!

毎日ヒールは履きたいけど、ピンヒールばっかりだと足が痛くなっちゃう、、、なんてことがもうなくなる?!
ヒール大好きな人(つまり私)は必見です。





Designer: Yoji Yamamoto

ハイブランドのスニーカーは出てたけど、Gucciのtemporary shop、Y-3のコレクションと、今年は一段とスニーカーにフォーカスされてる気がする。

ハイブランド=ドレッシーだけじゃなく、機能性を重視したファッションが増えてきてるってことでしょうか。


Jun 15, 2010

GUCCI ICON-TEMPORARY-TOKYO

Jun 15, 2010 0

世界を巡回している期間限定のスニーカーショップGUCCI ICON-TEMPORARYがニューヨーク、マイアミ、ロンドンを経て、いよいよ最後の都市・東京に上陸します。




2010 年6月12日から7月4日までの間、グッチ新宿M2フロアはGUCCI ICON-TEMPORARYとしてまったく新しいインテリアに生まれ変わります。東京だけのエクスクルーシブ コレクションのスニーカーがメンズ14型、ウィメンズ2型展開されるほか、グラミー賞など数々の賞を受賞したDJ兼プロデューサーのマーク・ロンソンとコ ラボレートしたグッチ ロンソン スニーカーを2型発売します。また、ショップウィンドウは最新テクノロジーを使ったインタラクティブな仕様になり、お好きなスニーカーをパーソナルスク リーンへセレクトし、タッチ操作で画像を拡大・回転出来るほか、設置された小型カメラで撮影したご自身の写真にスニーカーを履かせるバーチャル・フィッ ティングが楽しめます。その写真はQRコードでご自分の携帯電話に移すこともできます。この期間にこの場所でしかめぐり合えないエクスクルーシブなスニー カーとショップをお見逃し無く!

music bar@cafe ease


丸ビル1Fのcafe easeにて不定期で行われているイベント、music barが金曜日にあります。
何回か誘われてたけど今まで行けてなかったけど、そしたらいつの間にか知り合いが結構行っていることを知り、なんとオーガナイザーの一人も別のところで知り合いになってた!
トーキョーって広いようで狭い。

Jun 11, 2010

no title

Jun 11, 2010 0

photo by sran


Jun 2, 2010

フセインチャラヤン展

Jun 2, 2010 0
行ってきました!
フセイン・チャラヤン- ファッションにはじまり、そしてファッションへ戻る旅

ファッションやアート、建築、インテリアって、便宜上カテゴリーで分けられているけど、それを横断していることをやっている人って、意識的に横断しているわけではなく、自分の中のカテゴリーと、一般的に使われているカテゴリーが同じじゃないっていうことだと思います。
チャラヤンにとっても、多分分野を横断したいとか考えてなくて、彼の中の表現方法が、いわゆるファッションと言われているカテゴリーのなかではおさまりきらないということなんじゃないでしょうか。
私の中にもそういう部分があるから、勝手ながらそうではないかと思いました。

映像作品は、ちょっと難しいところもあったんだけど、基本的に造形が綺麗です。
服のシルエットが綺麗。
そして一番感動したのが、動く服!。
2007 SSコレクションで発表されたものです。
何がすごいって、どうやって動いてるのかわからない!どうなってるんだ?!
そして、もっとすごいのが、動く前と後、どちらもすばらしい一つの服になっているということ!
2wayの服とかってあるけど、服の一部をちょっと変えるってわけじゃなく、すごい動いているのに、どちらのバージョンでも完成された服として成り立っているのが驚きでした。
両方のパターンを成り立たせるための、洋服のパターンや裁縫はどうやって考えるんだろう??
目からうろこ。

彼の卒業制作である、地に埋めた服も、動く服も、ファッションという一過性で完成された形でしか売っていないものに、時間という軸を加えたらどうなるかということをチャレンジしているのではないかと思いました。
今後のコレクションも楽しみです!


東京タワー マイケル・ジャクソン コレクション

だいーぶ前の話になってしまいますが。。。
Michael Jackson - The Official LIFETIME Collection
に 行ってきました!
しかも初日。

知り合いがチケットをくれて
いざ、東京タワーへ!

なぜ東京タワー?
それはね、マイケルと東京タワーは共に1958年生まれ!
また、みんなに親しまれるシンボルである東京タワーを、マイケルも大好きだったそうです。

一番見たかったのは、THIS IS ITの衣装!
本当にあるのかな?うわさだけかな、、、と思っていたら、
ほぼ全部あったんじゃないでしょうか!
感激!!!
しかも、Dangerousも踊る予定だったの?!!
Man In The Mirrorって、いつもけっこうラフな格好で歌うイメージだったけど、あんなビシッとしたキラキラ着る予定だったの?!?!
とか、ファンとしては興奮しっぱなし!

だけどそれだけじゃなく、今までMJは音楽のみならず、ファッションでも多大な影響を与えてきたけれど、今までのMJスタイルをそのまま受け継ぐのではなく、そこからさらに進歩したMJスタイルが作られていたことが、ただただ驚愕です!
これを着て踊るMJを見られなかったことは、本当に残念でならない。
服は見た目だけじゃなくて、着心地、着やすさ、着て動いたときのシルエットが重要。
この服を着て踊ったらどんなシルエットができるのか、それが見たかったです。

まーそんな感傷的な気分はおいといて。
他にももはや伝説となっている、金パン、金フン(ファンネタすみません)などなどの衣装もあって、ファン必見!上記の理由でもちろんファッション好きも必見です!!
Remember the Timeとかね、、、。語りだしたらキリがない!





その後、休日だし、遊びに行こーってことで、六本木F1 PIT IN cafeへ!
ここは世界初のF1公認カフェレストランです。
広ーい店内には、F1グッズがいっぱい!ドライバーも結構訪れてるみたい!芸能人とか、サインとかいっぱいあるー。グッズも売ってます。
店内いたるところにモニターがあって、レースのときにはここで観戦できます!めちゃ混むみたいで、わたしはまだここでレースを観たことはない、、、。

あと、行った日にはレッドブルのマシーンが置いてあった!
そしてなんとその上にモニターとWiiが!!
マシーンに乗ってF1体験できるぅ!!
もちろんやるぅ!!



夢のF1レーサーになった気分でした。
でも、始めちゃったらマシーンの中にいることわかんなくなっちゃうんだけどね、、、。
画面がモニターじゃなくて、プロジェクターとかでマシーンの前に映し出されてたら全然違うよなー。
あ、あとF1ピットカフェは料理もおいしいです♪
GWでがらがらだったYO!