Srantokyo: あれから半年

Sep 11, 2011

あれから半年

Sep 11, 2011
3月11日から、半年が経ちました。

commons & senseでは、3.11を通して知った"LOVE"がテーマでした。
私が掲載させていただいた写真はこれです。



3.11以後、世界中からネットを通して日本に寄せられたメッセージや、チャリティの活動のコラージュを作りました。

ブログを始めて感じたこと、それは世界中の人との距離が近くなったことです。
インターネットなどの普及で、世界中の情報を瞬時に集められるようになりましたが、それはただ海外の情報を集めるだけではなく、ブログやSNSを通してマスメディアからではない個人の一人一人の「声」を届けてくれるようになりました。
地球の裏側の、遠く離れた場所に住む人がリアルタイムで更新するページを見ていたりすると、その生活をよりリアルに想像し、より近く感じるようになります。

そして、それを特に実感したのが、今回の震災でした。
震災後、日本にいる自分たちがとても動揺している中、世界中の人たちがすぐにたくさんのメッセージを送ってくれて、すぐに様々な形のチャリティが始まりました。
それはどれも、本当に友人を気遣うように、日本のことを心配してくれる声ばかりでした。

遠い知らない国で起きた災害のことを、これだけ親身に想ってくれるのは、メッセージを送ってくれた一人一人の人たちが、リアルに今の日本の状況を想像し、心配してくれたからだと思います。

著名なデザイナーからの言葉、友人のイラストレーター・kitajikoさんの絵(画像中央左)など、ひとつひとつ、読むだけで胸が熱くなる世界中からのメッセージ。
それを集めてつくったスクラップを見ていると、世界中からの"LOVE"を感じます。

これから10年、20年とかかる復興の長い道のりを、ずっと応援しつづけたい。
世界中の"LOVE"を忘れずに、私ができることをしていきたいと思います。






0 コメント: