Srantokyo: R.I.P Steve Jobs

Oct 9, 2011

R.I.P Steve Jobs

Oct 9, 2011
10月6日、私は自分のFirst Macとなる、Mac Book Airを買うことを決めていました。
奇しくもその日の朝、Steve Jobsの訃報が流れました。

孤高の存在でありながら常に挑戦者の姿勢を持ち続けた偉人。
同じ時代を生き、彼の創造物の恩恵に与れたことを感謝します。


Stay hungry. Stay foolish.







Macintoshは技術を生み出しただけでなく、ライフスタイルを変えた。





自分が世界を変えられると
本気で信じる人たちこそが
本当に世界を変えているのだから



自分が専門とする分野で何かすることで、
世界に対してどういう影響を与えることができるか、
常に考えながら仕事をできる人がプロフェッショナルだと思う。

たとえ人間一人の行動でも、必ず世界に影響を与えている。
自分に世界を変えられるほどの才能があるとは思えなくても、
どんな影響を周囲の環境に及ぼしながら生きていくかは、
自分の行動にゆだねられている。



Steve Jobs氏がスピーチで取り上げていた本。

0 コメント: